.

自動車重量税、別称重量税という税金は、国産車とか外車というような自動車の生産している国やプラグインハイブリッド車、1BOX車等自動車のタイプも例外なく例えば、レクサスやジャガー、などにも普通に負担をしなくてはいけない税のことをいいます。新車登録の際、あるいは定期的にある車検の際に支払いが発生するものなのです。納付税額はそれぞれの愛車の車重で定められています。「自動車重量税」と「自動車税」は全然異なる税金です。基礎を学んで間違えないようにしましょう。「自動車重量税という税金は車重で」「自動車税というものは車の総排気量により」その金額が違います。それにより、売却する時の扱われ方違いますし、注意しましょう。クルマを売却する際には既に納めた重量税がどれだけ残っていた場合でも、その税額が還ってくるようなことはないのです。一方自動車税の時は既に支払った金額を査定額に上乗せしてくれるようなことがありますが、重量税の時は足されるといった場合はなかなかないのが現状です。重量税というのは車を売るときに支払い済みの額が残存しているからと言って買い取り専門業者側でその事実が考慮されるケースはほとんどないのです。ですから次回の支払い、つまるところ車検まで待機して査定に出すという手法が無駄がないと思います。自動車買い取り時は戻ってこない重量税ですが一定の条件のケースでしたら返ってくることもあるのです。これにあたるのは次の車検までの期間が残存している愛車を廃車として処理するケースです。つまり抹消登録をすれば、残存期間に従って税金が戻ってきます。ただ中古車引き取りの時はその中古車が廃車になるのとは違うので返金されません。また、手放す車の名義変更をしてしまった場合や、盗難された場合も還付を受けることは不可能です。自動車重量税の残っている期間がある自動車を買い取るイコール、要するに車検期間がまだある車ということになります。店側も考慮しますから、自動車重量税が残っていれば、ある程度買取金額は上乗せされることでしょう。もちろん、買取額は店舗次第で違ってきますが車検期間が残っている事実を考慮していただければ、売却する自動車の査定額からみたらそれほど割に合わないということもありません。

● Link