.

外国為替市場としての外国為替証拠金取引(FX)について分析していきます。

外国為替証拠金取引(FX)は、二つのお金を交換をしてそれら通貨の差額の利益を儲けられるというような方式になります。

これら二つの異なる国の金の関係で出る差益の金額をスワップ金利といっています。

こうしたスワップ金利ですが本当はスワップポイントと呼んでいるとのことです。

FXのスワップ金利(スワップポイント)というのは、一日でも獲得できますが毎日の為替相場の変化次第で変わるのだそうです。

こんな風にFX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利(スワップポイント)を取得することをねらってFX(外国為替証拠金取引)の取引をする人もいるのです。

スワップ金利はそのFX業者により違う点があるためちょっとでもスワップ金利が高い取引業者を利用したいですよね。

ただし、スワップ金利(スワップポイント)は為替の相場が動くと変動してしまうので気をつけてください。

さらに為替トレードをする時はグラフを読める力が重要になります。

このグラフを読み取る事で為替の動向を予測する可能になると言われます。

為替取引に慣れていない人が見たならば、いったい何の図表ですか?などとわからないと感じてしまうかもしれませんが要点をわかっていることでチャートを理解する事が出来るのです。

どの辺から円が上がるあるいは下降するだろうというように、今まさに一番円安だとこのグラフを理解する事で判別する事が出来為替取引を行う際は大いに大事な情報源となるらしいです。

上記のグラフは日本の場合はローソク足(陰陽足)を使っており名前の通りローソクの形をしたチャートで示されています。

そのようなローソク足では、高値と安値、さらに終値とか始値等を示していてグラフ上で種々の形状になるのです。