.

初めて投資すると時という状況では何をおいても下調べをしなくてはいけません。

取引を始める前であるとすれば起こる事を客観的に調べる事が可能です。

しかしながら、ただ一度取引の内部へ入ってしまうと、どうしても物の見方が主観的になりがちで、往々にして真っ当な判断を下せなくなるリスクがあります。

それゆえにあなたの考え方が落ち着いている状況で事前準備が大切です。

この”j事前準備”のためには、はじめは自らの筋書きを作る事から開始します。

これからの相場はああだから円を取引するといった、自分で考えたシナリオを立てていくのだ。

次は為替チャートをチェックしましょう。

それまでの相場の上げ下げを見極めて、今日の値動きをチェックします。

そうしたら、「現時点ではなかなか偏った状態だ」とか、あるいは「とっくに大方の投資家が仕かけているから今さら自分かエントリーしてももはややりようがない」ということが納得できます。

無論今さら売買するのが遅いと考えたらここはすっぱりと諦めることが不可欠です。

自分の筋書きを貫いて、吹っ切らずに売買すると、外国為替相場に押し返されてそればかりか損することになる可能性があります。

とは言うもののたいがいの状況で準備万端の自分自身のシナリオを作り上げているとすれば仕かけるのがやりようがないという場面にはなることはありません。

実際に為替相場が変化する前のはずだから。

次は、自らがエントリーしようと検討している通貨ペアの変動を正確に確かめる事が大切です。

例えばドル高になるはずだというストーリー展開を描いたのであれば、該当する通貨の推移に用心しておきます。

為替相場の変動をチェックし始めた状態では、まだまだドルは誰の眼にも明らかに動く兆しを見せないで上がったり下がったり多少の上下動を繰り返しているだけでしょう。

ところが、その変動をじっくりと気をつけているとあるポイントでゆっくりと、円安の方向へとマーケットが変化し始めます。

この場面で初めてドル買いの注文をします。

一般的に、慎重に事前の準備を進めておけば、その注文で勝つ可能性は比較的高くなります。